再就職支援プログラム

saishusk

appli02_red

30歳を過ぎると転職が難しくなり、40歳を過ぎると求人さえ見つからないといったケースは
今では珍しくなくなりました。

正社員は当然として、契約社員や期間社員、派遣やパート、アルバイトでも高齢者はお断りと
いうところは、業種によって違いはあれども、今でも幅広く見られるものです。

会社が倒産した後に、転職できずに残っているのは中高年ばかりという光景が当たり前になり
ました。

福祉系は慢性的な人手不足だといっても、夜勤日勤の繰り返しが日常化している上、肉体労働
続きでホワイトカラーには重労働もいいところな上に賃金は月十数万円というところが珍しく
なく昇給どころか賃金ダウンが当たり前というのでは、とてもじゃないですが中高年の転職先
としては選べないでしょうね。

時給1000円以下のアルバイトでは生計が成り立たないといっても、働かないわけにもいかず、
雀の涙ほどの賃金を得るために10代・20代のアルバイトリーダーに小馬鹿にされるという日々
を送っている中高年も多いものです。

あなたも、その中の一人ではないでしょうか。

ようやく見つけた求人に応募するため、履歴書や職務経歴書を送っても面接さえ出来ずに書類
選考だけで不合格という状況を繰り返し、たまに面接に進んでも、ハローワークや労基署から
目をつけられないためのアリバイ作りのために行われただけで、面接中に不合格を確信したと
いう経験も何度もしたのではないかと思います。

しかし、どれだけ不況でも、どれだけ募集が少ない時でも、採用される人は必ずいるわけです
が、どのような人たちが内定を手にしたのか、あなたは知っていますか?

単純に幸運な人であるとか、才能や能力、学歴が高い人といった具合にしか思っていないので
あれば、あなたは大きな勘違いをしていると言わざるを得ません。

【開く】

このページの先頭へ