羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校第2期

haneda

>>受付は終了しました<<

羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校の第2期募集が始まりました。

締切は2015年1月27日、開講期間は2月1日から5月28日までの約4ヶ月です。
決済が済めば第1期で使用した教材一式が手に入りますので、開講までの準備期間に学習すると
いいでしょう。(第2期では別の教材を使います)

第2期においても、羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校主宰者の羽田和広さん
がお金を生み出すその瞬間を実況生中継で、作業ベースで細かい解説を入れながら共有すること
から、見て学ぶというコンセプトは第1期と何ら変わりません。

羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成学校1期生には、当然ながら挫折者もいました
が、しっかりと取り組んだ人は成果を出しています。

全く何もない状況からでも、月6桁、7桁と稼ぐ人が次々と誕生しました。

「集客、教育、販売」の一連のプロセスをしっかり理解して仕組みを構築するというビジネスの
シンプルな流れを徹底的に実践を通じて叩き込んでいきますので、最初のうちはわからないこと
だらけで戸惑ったり挫折したくなるかもしれませんが、諦めなければ成果が出るのです。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を身につけるわけですから、アフィリエイトだけ
でなく、その他のビジネスにおいても応用できるスキルが身につく
といえば、DRMの価値の高さ
を知っていれば、決して安くはない投資だと思えるのではないでしょうか。

ツールと頭は使い倒すことで、ツールがなければ稼げないといった依存型のアフィリエイトでは
なく、省力化のためにツールを使い倒すという正しい使い方ができるようになりますから、今の
時点でスキルや能力が劣っているからといっても諦める必要はありません。

この手のネットスクールでは、申し込み前の相談だけは熱心なのに、申込み後のサポートが全く
機能していないところも珍しくありませんが、羽田式実践型パトリオットアフィリエイター養成
学校ではウザいほどの丁寧サポートで困ることはありません。

このページの先頭へ