トップ営業マンのブラッシュアップ不動産営業

brushup

>>公開は終了しました<<

一人で120億円以上の不動産物件を売り上げただけでなく、毎年1000人以上の不動産営業の営業
成績を向上し続けているという松井ケンタさんのセールス手法を知りたくありませんか?

あらためて言うまでもないことだとは思いますが、不動産営業は成約までに時間と手間がかかる
一方で、契約1件あたりの金額が大きいことから、金額の低い商品を売っているセールスと比較
して成約件数は少なくても、成果給への反映が大きいのが不動産営業の魅力です。

しかし、不動産営業は成約までの難易度が高いこともあって、なかなか成約が取れずに営業成績
が上がらずに退職に追い込まれたり解雇されることも珍しくありませんし、あなたも営業成績が
上がらずに苦しんでいるのではないでしょうか。

正しい営業方法を実践すれば苦労せずに契約がとれる
と松井さんは言いますが、それができれば苦労しないと愚痴りたくなったかもしれませんね。

ポスティングやテレアポ営業を繰り返したり、飛び込み営業や訪問営業、さらにはモデルルーム
などで見込み客が来るのを待ち続けているが、たまに見学に来てもすぐに帰ってしまうといった
状況で契約までつながらないのではないでしょうか。

そこで、一つ質問です。
どうして、あなたは営業成績を上げられないのでしょうか?

口下手でセールストークが全くダメだとか、見込み客を集めるための集客が下手だといった理由
が思い浮かんだかもしれませんが、あなたをダメにしている根本原因に気づいていないのが最大
の理由だと松井さんは言います。

この根本原因を解消した上で再発しないようにすることで、それこそ自動的に営業成績が上がる
と松井さんは言いますが、どのような方法なのか知りたくありませんか?

このページの先頭へ