扇動三部作セミナー

sendo

appli02_red

言葉は悪いですが、アフィリエイトなどで「小銭」レベルは稼げるようになったけど、そこから
上がれずにもがいている
人は少なくありません。

あなたも、その中の一人かもしれませんね。

月5000円以下が95%などと言われていた一昔前の世界と比べると、今では月数万円程度の稼ぎ
であれば、少し努力するだけで達成できるレベルになりました。

その時々のブームになった手法を使えば、それこそ苦労知らずで10万円台まで辿り着くことも
難しくありませんし、徹底的に拡大すれば100万円クラスも目に見えてきます。

しかし、そこから上を目指すとなると、労力の割には収入が見合わなくなることも珍しくはない
ケースがほとんどであって、足踏み状態が続いたり、収入が下降線をたどってしまうことも多い
というのが現実です。

一世を風靡したアフィリエイターなどが短期間で消えていくのには、こういう背景があります。

もちろん、コンサルや別のビジネスを新たに始めたためにアフィリなどは辞めたというケースも
ありますから全員が失敗者と決めつけることはしませんが、その多くは収入を失って廃業に追い
込まれていったのです。

何年間もネットビジネスに取り組んでいるのであれば、具体的な名前が何人も思い浮かんでくる
のではないでしょうか。

それでは、あなたの収入アップを妨げる壁を打ち破るためには何をすればいいのでしょうか?

コピーライティングが重要であるとか、外注管理が必要、DRMこそ最高という具合に人によって
意見は異なりますが、セールスそのものを不要にする「信仰、崇拝、忠誠」こそが最も重要だと
指摘をするのは創・・会ではなく、アフィリエイターの「だいぽん」こと濱田大輔さんです。

確かに宗教団体で用いられることが多い手法ですから、生理的に受け付けないという人も多いと
いうことは知っていますが、人を動かすための理屈というものを知らないよりも知っている方が
ネットビジネスだけに限らず、他人にものを売る時に有利なことは言うまでもありません。

宗教団体などが目の敵にされるのは、実質的には価値が皆無に近いツボや数珠などをボッタクリ
価格で信者に売りつけてボロ儲けするのが理由ですから、役に立つ商品を適正価格で売る場合に
ライバルから買うのではなく自分から買ってもらうように背中を押す際に使えばいい話
です。

悪徳商人が使う手法だからといって、なにも悪徳商人と同じように売る必要はないのです。
露骨に扇動しなくても、それこそ、忍法雲隠れのように密かに実践すればいいわけです。

【開く】

このページの先頭へ