新品雑誌せどりex

sedoriex

>>公開は終了しました<<

古本せどりで思うように稼げなくなっているのであれば、新刊雑誌を狙ってみるのもいいの
ではないでしょうか。

しかし、普通に書店で売られている雑誌を転売しても稼げるのかという疑問は誰しも抱くと
思いますし、あなたも当然のように感じているのではないかと思います。

ディアゴスティーニなどのように、初回号は書店で山積みで売られているが、2号目以降は
取り寄せや定期購読が中心といった書籍であるとか、絶版になっているために、現在は入手
できない雑誌のバックナンバーでなければ稼げないのではないかなどの先入観を持っている
かもしれませんね。

もちろん、単純な話をすれば、amazonのWebサイトを開いて仕入れ価格よりも高く売れる
新品雑誌をリサーチして見つければいいというわけですが、これでは古本のせどりと何一つ
変わりません。

大阪市在住の「せどらー」和泉有実さんは、リサーチ時点での在庫や販売価格だけでなく、
現時点では定価販売だったとしても、今後のプレミア化予想も踏まえて新品雑誌を仕入れて
いる
といいますが、どのようにして未来のプレミア候補を見つけ出しているか知りたくあり
ませんか?

その答えは「新品雑誌せどりex」を読めば分かりますといってしまえば話は終わりますが、
これだとあまりにも不親切すぎますので、話を先に進めていきましょう。

せどりツールが進化したこともあって、クリック一つで現時点でのプレミア商品を一覧表示
させることも可能になったわけですが、検索した時点でプレミア状態だったり、アマゾンで
在庫切れだったとしても、近々、その状態が崩れる可能性もゼロではありません。

むしろ、簡単に見つけられる雑誌ほど、ライバルせどらーが次々と出品しますから、あなた
が仕入れて出品した頃には供給過多になって値崩れが起こる可能性もあるわけです。

これって、あなたも古本せどりなどで今までに散々味わってきた世界ですよね。

そこで、amazon以外のサイトや情報源(オークファンなどの誰でも知っているサイトでは
ありません)を用いてリサーチしてみると、今後の需要予測が意外に簡単にできるのです。

このページの先頭へ