キーワードライティング起業法

keywrite

>>公開は終了しました<<

在宅ライター」という職業とも副業とも言えないような仕事を知っていますか?

在宅ライターは執筆業のくくりに含まれるそうですが、ポータルサイトで名前を出して連載を
続けることができれば雑誌のライター等と同じ位置づけだと考えても差支えがありませんし、
専門的な内容で記事が書ければ、コラムニストや新聞社の論説委員、専門家などと同様の待遇
を受けられる場合もあります。
レコードチャイナが有名ですが、外国の記事などを翻訳して日本のメディアに掲載するという
のもライターの仕事の一つです。

その一方、アフィリエイターなどから記事作成を依頼されて指示通りに文章を作るのであれば
それこそ下請けと変わりません。

しかし、「下請け」だとしてもパートで年間103万円や130万円を稼ぐのに相当な苦労をする
よりも楽なケースが珍しくない
と指摘をするのは、在宅ライターの「くらとーま」さんです。

とはいえ、在宅ライターは仕事が少ない上に単価が安いから生活が苦しいという話をあなたは
聞いたことがあるかもしれませんね。

ライター募集サイトの応募要項を見ても、とてもじゃないが買い叩きもいいところで、パート
のほうがよっぽどマシじゃないか、ウソを付くな
と怒り新党・・・心頭かもしれません。

もちろん、最低賃金以下の奴隷契約を結ばせる依頼者もいますから、そのような場合は避けた
方がいいわけですが、単価を上げるためのコツと具体的な方法を知っているかどうかで大きな
差が出る
と「くらとーま」さんは指摘します。

このコツと方法を知っていれば、それこそ仕事の依頼が安定的に来るようになりますし、作業
単価も「キーワードライティング」ができれば3倍程度に上がります。

「キーワードライティング」は国語の成績が悪くて作文が苦手だったとしても簡単にマスター
できる簡単なもの
です。

購入意欲を刺激する文章を作成するためにコピーライティングをマスターしろと言っているの
ではありませんし、あなたが苦手なジャンルの記事を、時間をかけて調べながら無理やり作成
するといった「しんどい仕事」もしなくて済むようになります。

また、このスキルを活かして、あなた自身がアフィリエイトなどで稼ぐことも可能です。

アドセンスなどのクリック広告やトレンドアフィリエイトであればコピーライティングは不要
といっても差支えはありませんから在宅ライターのスキルをそのまま使えます。

いきなりアフィリエイトを始めた人と比べて文章作成に慣れているのは当然として、SEOにも
効果的な記事が書けるようになっているわけですから、非常に有利です。

キーワードライティングの空き時間を使ってアフィリサイトやブログを作成すれば、追加報酬
も得られるようになるわけです。

このページの先頭へ