記事コピペチェックツール「CIA Shadow」

ciashow

appli02_red

大学のレポートや研究論文などで出典のないコピペが蔓延していますが、ネットビジネス
では更にひどい状況であることは、あなたも既に知っていると思います。

MSR等のリライトツールを使ってアップされていればまだしも、丸パクリでそのまま公開
しているサイトもありますし、悪質な場合には中古ドメインを用いて偽物のほうが「本物」
だとして、コピペ元サイトを「不正」としてペナルティを与えるようにgoogleなどに報告
するという連中もいます。

googleウェブマスターツールなどを用いれば簡単に申請できますし、パンダアップデート
でも誤検知でコピペ元のオリジナルの方がペナルティを受けてインデックスが消されたり
検索順位が人為的に下げられるというケースが実際に発生しています。

盗人猛々しいと言ってしまえばそれまでですが、著作権を持つ側がペナルティを受けると
いうケースがあるのが「デジタル社会の現実」ですし、著作権侵害されていることに本人
が気づかなければ誰も助けてはくれません。

また、外注を雇って記事を作成させているのであれば、その記事をチェックしているとは
思いますが、平気でリライトにもなっていないレベルのコピペ文章を納品してきますから
油断もスキもありません。

当然ながら、
こまけぇこたぁいいんだよ!!というわけにはいきません。

ブログ記事作成会社から納品を受けた記事でもコピペ文章というケースがありますから、
あなた自身が検索エンジン的・法律的なペナルティを受けないためにもコピペチェック
必要不可欠なのです。

そこで役立つのが、記事コピペチェックツール「CIA Shadow」です。

チェックする文章の文字数に制限はありませんし、あのツールよりも検証スピードは高速
です。

2000文字の文章のコピペチェックであれば15秒前後で完了します。

【開く】

このページの先頭へ