子育てママが働きたい!と思ったら読む本

mamawork

>>公開は終了しました<<

役所や大企業を中心に、産休の後に職場復帰ができるように、制度面の整備や職場での啓発が
進んでいますが、中小零細企業では産休中の人間のやりくりがつかなったり、金銭面の負担が
耐えられないなどの理由で自主退職を求められるケースが珍しくありません。

だから日本社会は遅れていると糾弾したり、育休を許さない企業に裁判を起こして戦うなどの
行動をするのは自由ですが、裁判に勝ったとしても中小零細企業の生存率が5年で2割、10年で
1割という低さを考えれば、別の要因で既に倒産・廃業する可能性が高く、戻る会社がないと
いうのであれば、あまり意味がない
のです。

育休制度のある会社でも同じであって、あなたが休んでいる最中に会社が潰れてしまえば無職
ですから、育児をしながら仕事を探す必要が出てきます。

あなたなら、どのようにして新たな仕事を見つけますか?

就職率85.4%、年間約1000件以上のキャリアコンサルティングの実績を持つという、キャリア
コンサルタントの美咲朱里さんは子供がいる女性が就職活動で失敗するか成功かの差は紙一重
だと指摘します。

あなたが就職に成功するには「本当に正しい情報」が必要だと美咲さんは言いますが、ハロー
ワークで相談したり、就職雑誌や転職サイトなどを覗いていても情報が断片的な上に、育児中
の女性に特化した情報というのは意外に少ないものです。

パートやアルバイト、事務派遣といった、従来から「女性向けの仕事」と考えられていた職場
であれば比較的簡単に見つかると思いますが、あなたの希望とは当てはまらないでしょう。

誰もが当てはまる質の低い情報であったり、男性向けのフルタイムを想定した内容が多いため
に、心の支援にまで配慮した育児中の女性に関する情報やノウハウというのは少ないのが現実
です。

そもそも、どのような就活をすればいいのか分からないというのが本音かもしれませんね。

そこで、美咲さんが今までのコンサル経験や知識をもとに、育児中の女性の就職活動に特化を
した就活・転職マニュアル「子育てママが働きたい!と思ったら読む本」を作成しました。

このページの先頭へ