夢リタトリプルアローアナライザー

yume-ana

appli02_red

アクセス解析ツールには、無料・有料とさまざまな種類のものが存在します。

Googleアナリティクスや忍者アクセス解析、FC2などのWebサービス型のアクセス解析も
あれば、リサーチアルチザンライトなどのインストール型アクセス解析も無料で使えると
いう具合にすでに充実しているといっても過言ではありません。

その中で、決して安くない「夢リタトリプルアローアナライザー」を使う価値があるのか
と疑問に感じるのも当然のことでしょう。

しかし、夢リタトリプルアローアナライザーはそもそもの利用目的が違います。

「夢リタ」や「夢リタトリプルアロー」がメルマガアフィリエイトがメインだったことも
あって、夢リタトリプルアローアナライザーはメルマガやステップメールの反応率などを
測定するためのアクセス解析ツール
です。

これだったら、短縮URLを使ってクリック数を測定すればいいだけじゃないのかと思った
人もいるかもしれませんね。

確かにメルマガ内のURLのクリック数だけを測定するのであれば、サーバー設置型の短縮
URLツールを設置すればいいだけの話ですが、ランダムで数種類のランディングページに
飛ばして反応率の測定をしたいといったA/Bテストのようなことをメルマガ読者にさせる
というのは簡単には行えないものです。

通常は、期間や送信者を一定割合毎に区切ってランディングページや短縮URLを切り替え
たりしてABテストを行うものですが、何よりも準備が面倒くさいですし、結果が適切かを
判断するのもまた難しい
という問題点があります。

例えば、前半10日間はランディングページA、後半10日間はランディングページBとした
場合に、前半と後半で条件が全く同じということは珍しく、前半・後半の両方を見る人も
意外と多く、ページBの結果が適切なものかが判断できない場合もあるわけです。

また、1000人のリストを無作為に半分ずつにわけて、前半500人はページA、後半500人
はページBを見せるという方法でABテストを行えば客観的で結果の正確性も期待できます
が、実際にやってみると分かるように準備が面倒くさいものです。

いくら仕事だからといっても、もっと楽にしたいと思うのは当然でしょう。
夢リタトリプルアローアナライザーであれば、リストの割り振りを全自動で行います。

【開く】

このページの先頭へ