セールスライターが教える売上を350%増やした「非常識な文章術」

bunsyo

>>公開は終了しました<<

ペンは剣よりも強し」という言葉がありますが、何も言論の自由の尊さを強調したり、報道
機関などが自らの優越性を維持するがために悪用するために使う言葉ではありません。

文章で表現される思想が世論を動かして、武力以上に強い力を発揮するというのが元々の意味
ですが、武力などで脅迫して無理やり行動させるよりも、文章で説得・洗脳するなどして自発
的に行動させたほうが高い効果が得られる
という解釈も成り立つわけです。

ビジネスの世界で言い換えれば、広告費を大量に投入しゴリ押しで無理やりブームを起こして
も、所詮は一過性のものですから、ゴリ押しの効果も自然と薄れて、簡単に消えます。

その一方で、見込み客に対して「想いを言葉で伝える」という当たり前にやるべきだとは思い
ながらも、実際にはできていないケースが多いことをするだけで、見込み客の方から近寄って
ファンになるというケースは珍しくない
ものです。

ロングセラーを続けている通販型サプリメントや化粧品などは、的確なメッセージ発信を行う
からこそ多くの利用者がいるわけですし、根強いファンも増加し続けるのです。

これが「文章の力」というものなのです。

今は動画や映像の力の方が強いこともあって、文章の力というのはつい見逃されがちですが、
インターネットでも動画配信が一般化する中でもWebサイトやブログ、メールなどの文章媒体
のセールス・マーケティング効果の高さは活用しないわけにはいきません。

しかし、国語の時間は苦痛で作文は苦手だったし、今でも長文を書くのは嫌いだから無理だと
思って諦めていませんか?

コピーライターの中村州宏さんは、「売れていない文章」しか書けない人たちには、3つの共通
する原因があると指摘します。

具体的には、

  • お客さんを明確にしていない
  • 伝えるべきことを勘違いしている
  • 全体の流れがチグハグである

という3点ですが、どうやって改善していけばいいのでしょうか?

このページの先頭へ