プロが教えるリンクトインビジネス活用完全バイブル

linkedin

>>公開は終了しました<<

ここ最近は新たなSNSの登場もないこともあって、これまでに発表されたSNSの評価が、ある
程度は定まって来たように思えます。

twitterはデマッターやバカッター、馬鹿発見器などと散々な言われようですし、Facebookは
「意識高い系」が自らブランディングをするために用いるファッションアイテムといった具合
です。

tsuはアフィカスどものたまり場、mixiは壊滅的、アメーバピグは「女子」中心の出会い系や
ネットナンパ向け、LINEはオツムの弱い人達のたまり場と言った具合に、それなりに個性が
あるものです。

Linkedinリンクトイン)は、日本では完全に「負け組SNS」になりつつありますが、欧米
では当たり前のように使われていますし、日本で「ビジネス向け」と言われるFacebookより
ビジネス用途で使われています。(欧米ではパーソナル用途でFacebookを使うのが一般的)

リンクトインは自らを「ビジネス特化型SNS」と呼んでいますが、読者に会社員が多いこと
もあって、新聞や雑誌、ネットメディアなどでリンクトインが紹介されるときには、ヘッド
ハンティングや転職といった点ばかりが注目されがちです。

しかし、ビジネスパーソンだけでなく、経営者にとってもリンクトインは役立つSNSです。
リンクトインは集客手段として有効活用できるからです。

とはいえ、
一般への知名度は皆無に近いのに、どうやって集客するんだ?
と疑問に思ったかもしれませんね。

結論から言えば、他のSNSでは出てこないことも珍しくありませんが、リンクトインの一部
コンテンツはgoogleで「検索結果」として表示
されます。

リンクトインのドメイン自体がパンダアップデートやペンギンアップデートなどのペナルティ
を受ける可能性は皆無に近いわけですから、スパムのような無茶苦茶なページを作らなければ
YouTubeなどと同じように上位表示を苦労なく達成することも夢ではありません。
(当然ながら、linkedinでもダイエットで1位を取るのは非現実的です)

リンクトインはSNSの仕組みからしてブランディングがしやすいだけでなく、プロモーション
などの商業行為も自由に行えますから、ツイッターやFacebookでスパムチックに広告・宣伝
を行う人もみかけますが、リンクトインは正々堂々と行えるのです。

しかし、国内ではリンクトインは100万ユーザーを超えたとはいっても、今でもマイナーです
から、効果的な集客などといったノウハウや情報が手に入りにくい状態です。

そこで役立つのが「プロが教えるリンクトインビジネス活用完全バイブル」です。

あなたが今までに見つけ出したかもしれないマニュアルやWebサイトなどに書かれたノウハウ
が取扱説明書的な内容でしかなく、全く満足できないというのであれば、この「プロが教える
リンクトインビジネス活用完全バイブル」が必須アイテムになることは間違いありません。

このページの先頭へ