Giga Tube

appli02_red

YouTubeを使ったアフィリエイトの稼ぎ方として、大きく以下の2種類に分けられます。

  • YouTubeアドセンス
  • 動画から誘導して成果報酬を得る

YouTubeアドセンスは再生回数が増えるに従って獲得報酬も増えていくというわかりやすさが
大きなメリットですが、再生回数あたりの報酬単価は下がり続けていますし、将来的にゼロに
なることはないとしても、初期の頃のような旨味がなくなりつつあるのは事実です。

また、成果報酬制アフィリエイトに誘導して稼ぐという方法は、軌道に乗せれば一気に大金を
稼ぐことも夢ではありません
が、報酬獲得までのハードルが高いこともあって、なかなか成果
が出せずに挫折するというケースも少なくありません。

そこで、アフィリエイターでインフォプレナーの尾上雄二さんは、両者を同時に実践すること
で互いのメリットを活かすことが可能になる
と指摘します。

尾上さんは成果報酬アフィリエイトの中でも単価が高く否認がされることがほとんどない情報
商材アフィリエイト
が最も効果的だと指摘しますが、情報商材を扱うというだけでも正統派の
アフィリエイターから陰口を叩かれたり、物販系のASPなどからブラックリストに入れられて
村八分のような状態にされるのではないかと不安に感じているかもしれませんね。

結論から言えば、情報商材ASPにアフィリエイター登録している人は、物販系ASPも当たり前
のように使えますし、広告主から忌み嫌われると言ったケースは一切ありません。

尾上さんがYouTubeを使って販売する情報商材の中で最も売れ行きが良いのがYoutube関連
の情報商材
だといいます。

それでは、どのような動画をアップロードしていけばいいのでしょうか?

尾上さんは「需要の旺盛な動画」と呼んでいますが、わかりやすくいえばグレーゾーンもいい
ところの、動画削除やアカウント凍結のおそれがある動画をあげていきます。

テレビの映像やアニメ、ゲーム、エンタメ関連といったところですね。

もちろん、アカウント凍結しては意味がありませんので、著作権や権利侵害に触れない方法で
動画を上げていくわけですが、現時点では問題ないとしても将来的にYouTubeの規約変更など
で削除されるかもしれないという点でグレーゾーンと呼んでいます。

これらの動画を使って、情報商材アフィリエイトで稼ぐノウハウをマニュアルにまとめたのが
Giga Tube」です。

情報商材は定番の特典を用意する必要もなければ、ブログなどで実績を強調しなくても、完全
匿名で売り込んでいくことが可能
になります。(メルマガなどを使わない場合)

直接アフィリリンクをクリックさせるだけでなく、ステップメールを流すことで成約率を高め
たり、その際に獲得したリストを用いて、メルマガを発行して他の商品を売り込んでいくなど
さまざまなアフィリエイト手法を身につけることができます。

【開く】

このページの先頭へ