YouTube特化型権利収入構築プログラム

appli02_red

YouTubeアドセンスで稼ぐ方法というと、多くの再生回数が見込めるジャンルの動画をアップ
すればいいわけですが、YouTuberなどのように自分のアイディアで多くの再生が見込める動画
を作成できるだけのスキルがない場合には、需要が旺盛なジャンルを狙うという戦略を取ること
が一般的です。

その最たるものが、トレンド動画であったり、テレビなどの録画をアップロードするという手法
ですが、大半はアクセスが長続きしませんし、著作権法違反や肖像権侵害などとして動画を削除
されたり、アカウントを凍結されてしまうという結果になりかねません。

著作権法違反や肖像権侵害などを巧みに逃れるグレーな方法もありますが、現時点で問題がなく
ても、法改正やYouTube側の規約変更で違反になる可能性は常にあります。

YouTubeに投稿されたヘイトスピーチ動画に企業広告が表示されるという理由で、アドワーズに
広告掲載をしていた複数のイギリス企業が一斉にYouTubeでの広告掲載を取りやめると通告した
結果、google側がYouTube関連のスタッフ増員や運営基準の見直しを行うと発表したことからも
わかるように、ちょっとしたきっかけで簡単に規約や削除基準は変わるものです。

このため、YouTubeでの稼ぎ方を研究している小西和夫さんは、リスクが伴う方法は避けた方が
いいとアドバイスをしていますが、その方法として提案しているのが「YouTube特化型権利収入
構築プログラム
」です。

特定のジャンルの動画に特化したノウハウですが、そのジャンルの動画を作成すればいいという
だけでなく、そのジャンルでの動画の見せ方を通常とは異なる角度で行うことで独自性を出す
いう方法です。

ニュースであれば、そのまま伝えて終わりというのではなく、ニュースについての個人の意見を
付け加えることで付加価値を出すという感じになります。

パクリコンテンツとは無縁のオリジナリティが出せますし、ファン化もしやすいことから、再生
回数が増えやすい上にチャンネル登録者数の増加も見込めるというメリットがあります。

【開く】

このページの先頭へ