高級弁当ビジネス 新・個人飲食店のススメ

appli02_red

飲食設備があれば無理なく参入できるだけでなく、初月から売上アップが期待できるのが「高級
弁当ビジネス
」です。

通常の1個数百円程度の弁当販売とは異なり、高級弁当を販売すると利益率をあげられるという
メリットはありますが、通常は高級料亭や割烹、一流レストランなどが販売している価格帯です
から、なかなか売れないのではないかという心配もあると思います。

せっかく作っても売れなければ全てが無駄になるだけですから、普通であればためらうのも当然
でしょう。

注文を受けてから弁当を作り始めるという方法もありますが、短時間で提供するために不可欠な
下ごしらえをはじめとして、食材ロスは完全には防げませんし、常に来店客が少なく、閑古鳥が
鳴いている店舗でなければ、食事時の忙しい時間帯に弁当を提供するのは難しいでしょう。

そこで、飲食店経営者の青木啓太さんが推奨するのは、市場規模800億円のライバル不在の穴場
を狙う方法です。

このマーケットに特化することで、以下のメリットが得られます。

  • 都市部だけでなく地方でも需要が見込める
  • ライバルが極端に少ないので顧客が見つけやすい
  • 予約注文が中心のため、製造計画が立てやすく食材ロスが少ない
  • スタートした初月から大幅な売上/利益アップが期待できる
  • 発注者が受け取りにやってくることから配達不要

昼食向けに弁当を提供するのであれば、午前中に弁当製造を終えることで、ランチ営業への影響
は最小限に抑えられますし、売上の状況によっては外食営業をやめて弁当製造だけに特化すると
いうのも可能です。

【開く】

このページの先頭へ