キーワードツール「Pandora2」

appli02_red

キーワードツール「Pandora2」は、検索エンジンから集客する際に効果的なお宝キーワード
を見つけることも出来ますが、特にPPCアフィリエイト実践者から根強い支持があります。

というのも、Pandora2の「カンニング機能」がPPCアフィリエイトに非常に役立つからです。

「カンニング機能」とは、ライバルPPCアフィリエイターが現在出稿しているリスティング広告
を逆引きでリサーチし、

などの情報を手に入れることができる機能です。

「カンニング機能」を用いることで、

  • 売れている商材
  • 成約したキーワード
  • 成約が出る広告ページ

を簡単に推測できるようになります。

つまり、Pandora2の「カンニング機能」を使えば、儲かりそうなビジネスを選んで猿真似する
ことで、あなたも同じように成功できる可能性が高くなりますが、ライバルが増えることにも
なりますので、あなたと同じように考えて取り組む人が増えればキーワード単価が上がるため
に、稼ぐのが難しくなってしまう
という点には注意が必要です。

適度にずらしキーワードを入れてみるなり、広告ページを変えてみるなりの工夫が必要ですし
リスティングではなくディスプレイ広告やSNS広告で出稿してみるというのも一つの方法です。

YDNやFacebook広告、twitter広告やInstagram広告、LINE広告など選択肢は広がります。

Yahoo!プロモーションの場合には薬機法関連の審査が非常に厳格になっていますので、すでに
広告出稿しているものについては継続して出せていても、これから新しく広告を出そうとする
と審査で落ちてしまう
といったケースは決して珍しくありません。

現在、問題なく出している広告に関しても、いずれは審査が再び行われて掲載停止になるもの
と思われますが、単純にコピペで真似しただけだと審査が通らないという結果になりますので
注意が必要です。

【開く】

このページの先頭へ