在宅ワークで長期的に安定収入を得るノウハウ

appli02_red

在宅ワーク」というと、資格商法などのように詐欺師が騙すネタに使われたり、シール貼り
や封筒貼り、おもちゃ作りなどのように、作業単価が異常に安く、まともに稼ごうと思ったら
休む暇もなく働き続ける必要があるというのが一般的な考え方ではないでしょうか。

正社員として在宅業務につくという働き方もありますが、そのような勤務が可能な社員はごく
一部ですし、人事異動で上司が変わったり、あなたの所属する部署が変わったら会社に常勤を
しなければいけなくなるケースが一般的ですから、長期にわたって続けるのは困難です。

また、電話費用は会社持ちで自宅でコールセンターのオペレーターをするといった仕事もあり
ますが、こちらも出来高制が一般的ですから、待ち時間が長く稼げないといったケースもある
ようです。

しかし、在宅ワークアドバイザーの金橋純子さんは、特別な資格やスキルがなくても固定給が
もらえる在宅ワークは存在する
と指摘します。

ネットビジネスで見聞きすることが多い「短時間で大金を稼ぐ」というのは無理な話ですが、
安定的に固定給が受け取れますので、介護や育児などでアルバイトやパートに出るのが難しい
人にとっては魅力的に感じるのではないでしょうか。

詐欺師の資格・在宅商法はもちろんのこと、まともな会社でも研修費用や登録費用などとして
費用を徴収されることがありますが、このような支払いが一切なく、あなたは報酬を受け取る
だけという固定給制の在宅ワークも数多く存在します。

もちろん、仕事をするのに必要となるパソコンやインターネット回線、プリンタや電気代など
は負担する必要がありますが、新たに買い足す必要がある場合を除けば、あなたが現在持って
いるもので十分です。

正社員として雇用されるのではなく、業務委託契約になりますので、会社の都合で契約更新を
打ち切られる可能性はありますが、パートやアルバイトと同じ扱いと考えるとわかりやすいと
思います。

【開く】

このページの先頭へ