せどりアナライザー米国バージョン

appli02_red

せどりアナライザー米国バージョン」では、せどりアナライザーが日本の
amazon出品者を対象にしていたのに対し、今回はアメリカAmazonの出品
者を対象としています。

基本的な機能や操作方法は日本版のせどりアナライザーと全く同じですから
使い慣れた操作性で、アメリカamazonの出品者IDを登録し、その後は継続
して追跡するだけで、どのような行動をしているかがひと目でわかります。

その出品者の

  • 仕入れ商品
  • 売れた商品
  • 売上
  • 回転率

が一目瞭然でわかります。

しかし、商品の回転率などはモノレートを見ればわかるじゃないかと思った
かもしれませんが、アメリカ版モノレートは2017年8月に深刻な理由により
サービス提供を停止しており、現在は完全に空の状態となっていますので、
再開する可能性は現時点ではゼロだと思っていいでしょう。

モノレート以外にも、camelcamelcamelやkeepa.comでも調べられますが
ランキング変動が乏しい商品だと、どこで売れたのかがわかりにくいという
点が厄介です。

せどりアナライザー米国バージョンであれば、個々のバイヤーの売れ行きと
なりますが、複数のバイヤーの情報を合わせることで、情報の信憑性を高く
できますし、目星をつけた商品を仕入れて出品するかどうかの判断にも活用
できます。

なお、日本版のせどりアナライザーと同じように、せどりアナライザー米国
バージョンでも、出品している商品の仕入元まではわかりません。

あなたがアメリカ在住で現地での仕入れが可能という場合でもない限りは、
日本国内で仕入れられない商品をリサーチしても意味がありませんが、輸出
転売
をするにあたって、どのような商品を出せばいいのかというリサーチに
役立つのではないでしょうか。

【開く】

このページの先頭へ