会員制サイドビジネス講座 ファーストクラス

appli02_red

ネットビジネスというと、虚業であるとか、詐欺まがいと言ったイメージが
つきものですから、まっとうな商売をしようと思ったら、真っ先に外すべき
ものといった先入観があります。

買い占めた挙句に値段を釣り上げて消費者に損害を与えるだけのせどらーや
人を騙してでも稼げればいいと思っている販売者やアフィリエイターなどが
蔓延している状況では当然とも言えるでしょう。

その一方、楽天市場やヤフーショッピングなどに出店したり、自社でネット
ショップを運営して、ネット通販を行う業者は、同じネットビジネスだった
としても通信販売と同じ扱いとなり、極端に悪いイメージはありません。

独自決済の場合だと詐欺を目的としたネットショップもありますが、楽天や
ヤフー、amazonなどに出店している業者だと、基本的には詐欺師や極悪人
などと揶揄されることは少ないものです。

amazon出店者の中にはせどらーもいますが、ヤフオクやメルカリ等と同じ
要領で他人を騙そうとすると、すぐにamazonから追放されますし、詐欺の
被害にあったとしても、amazonから返金などのサポートが受けられること
から、個人同士のやり取りと比べると安心感は桁違いです。

さて、転売やアフィリ以外にも、ネットビジネスとしてサービスを提供する
というアウトソーシングという手法もあります。

アウトソーシングというと、外注のライターやデザイナー、プログラマーや
せどらーの手先となって働く肉体労働者といったイメージがあるかもしれま
せんね。

ホームページ作成業者を経営する石田卓馬さんは「Webサイト作成代行」も
魅力的なビジネスの一つだと指摘します。

しかし、ホームページ作成なんて、ブームはとっくの昔に終わっているし、
数多くの業者が廃業・倒産している状況で新規参入するなんてありえない

思ったかもしれませんが、確かに独立したビジネスとして、それだけで生計
を立てようとするのは不可能に近い状況です。

そこで、石田さんが提唱しているのは、サイドビジネスとして、個人商店や
零細企業などを相手に低価格でオフィシャルホームページ作成や維持を請け
負う
という方法です。

新規受注で1件あたり8万円程度の収入になりますし、作りっぱなしで終わる
ことはなく、ホームページの運用維持管理費用として、月3000円~5000円
程度を継続して受け取ることで、家計の補填や小遣いレベルであれば十分な
稼ぎが得られる
わけです。

もちろん、あなたがホームページを作成できないとしても心配ありません。
会員制サイドビジネス講座「ファーストクラス」があるからです。

【開く】

このページの先頭へ