tsuマーケティング

tsu-mkt

appli02_red

2014年に誕生して高い注目を集めているSNS「tsu」ですが、見た目はFacebookと同じような
インターフェースや機能を持っていますが、フォロワーを増やすほどに広告収入から一定割合が
支払われるという点が注目されています。

つまり、アフィリエイト等でおなじみの2ティア、3ティアといったものがSNSで採用されたのが
「tsu」というわけですが、未知数な部分が残されているという点は不安材料としてあるものの
TwitterやFacebookなどのように成長したと仮定すると、今の段階というのは「入れ食い状態」
と言ってもいいかもしれません。

要するに、「tsu」で先行者利益を享受できる段階なのです。
tsuの仕組み上、後発組になるほどに先発組と比べると不利になります。

もちろん、後発組の中から何か効果的な手法を開発することで下克上を果たす人も出てくるのは
確実でしょうが、それこそ何も考えなくても利益が得られる先行者でいることの方がメリットが
ある事は言うまでもありません。

このtsuの魅力にいち早く気づいたデジタルプランニング株式会社の石田宏実さんが、tsuに特化
したマーケティングツール
を開発しました。

それが「tsuマーケティング」です。

ツイッターやフェイスブックのマーケティングツールを使ったことがあれば、どのようなものか
イメージできるとは思いますが、

「自動フォロー⇒片思いを解除⇒再度フォロー」

という作業を自動的に繰り返します。

他のSNSとは異なり、tsuでは上限値は決まっているものの、その範囲内であれば好き放題に行動
してもアカウント凍結などは起こさないと開発元が断言しており、安心して使い続けられます。

tsuマーケティングは複数アカウントに対応していますので、アカウントごとに特徴を持たせて
異なる客層を狙うことで、「濃い見込み客」を集めやすくなる
というわけです。

【開く】

このページの先頭へ