タオバオ仕入れ複合型販売戦略

taobaosr

>>公開は終了しました<<

せどりビジネスで、中国から商品を仕入れる場合に欠かせないのが「タオバオ」の存在ですが
今さらタオバオなんてと思っていませんか?

イメージ的にタオバオなんて時代遅れだと思っているのかもしれませんし、過去にタオバオを
使った仕入れを実践したのはいいけれど見事に失敗したという嫌な思い出が蘇ってきたのかも
しれませんが、その一方でタオバオを有効活用して月10万円以上稼いでいる人も少なくない
指摘をするのは、元サラリーマンの「アラフォーおやじ」さんです。

「アラフォーおやじ」さん自身も、会社が経営不振で傾いていく中、タオバオ中国輸入転売で
稼げるようになったことで、リストラ、減給、過重労働という泥舟から脱出するのに成功した
といいますが、人生がかかっていたからこそ諦めずにやり遂げられていたのであって、小遣い
稼ぎ程度の気持ちでは失敗していたのではないでしょうか。

しかし、誰もが人生をかけてまで副業に取り組むわけではありませんし、無理やりマインドの
問題にして煽る人もいますが、せどりで稼げるようになるために会社に辞表を出せというのは
何か違うと言わざるを得ません。

「売上を伸ばして利益を確保する」
という、何もせどりだけに限った話ではありませんが、ビジネスの基本に忠実に従った上で、
仕入れや販売といったスキルを高めていく必要があります。

せどりで失敗する人が多いのはビジネススキルが低いケースがほとんどなのです。

それを無視してマインドの問題にすり替えるというのは、何とも都合のいい話だと言わざるを
得ません。

端的に言えば、輸入転売というのは商事会社や商社と同じことをするわけですから、商社マン
と同じレベルのスキルや経験、パートナーとのアライアンスといったさまざまな要素が必要と
なります。

さすがにハードルが高いと思うのではないでしょうか。

そこで前述の「アラフォーおやじ」さんが、全くの素人であってもタオバオを使った中国輸入
転売ビジネスを成功させるための知識やノウハウ、テクニックを具体的な商品名を交えながら
説明をするマニュアルを作成しました。

それが「タオバオ仕入れ複合型販売戦略」です。

せどりマニュアルで「リスト」といえば、同じ商品に多くの人が仕入れようとして飽和状態に
なるといったイメージがつきものですが、たとえ「飽和」が起こってもリストに価値がある
「アラフォーおやじ」さんが自信を見せるのには理由があります。

このページの先頭へ